短歌3首。折句で怖い歌詠み遊び

「怖い夢」

こ 公園の

わ 別れ話に

い いつのまに

ゆ 揺れるブランコ

め 目の奥でなお



「丑の刻」

う 運命の

し 瞬間でした

の 喉元に

こ こぼれる痣の

く 狂い咲くとき



「神隠し」

か かくれんぼ

み 南の塔の

か 階段に

く 靴だけみっけ

し 少女の匂い



折句(おりく)とは、各句の頭に物の名などを一字ずつ置いて詠んだものです。

mikamiryo

短歌作家 三上りょうのOfficial WebSite